大学受験するなら対策が大切|英語もポイントを抑えて勉強

出題形式を知る

英語

早めの分析

多くの大学受験において英語は筆記試験の必須科目となっています。理系でも文系でもほぼ関係なく実施されています。大学受験における英語対策は、いかに効率よく学習するかがポイントとなります。大学によって出題形式は異なります。記述式がメインとなっている学校、学部もあればマークシート方式を採用している学校、学部もあります。また試験時間に対する問題の量についても対策を立てる必要があります。試験時間に対して問題数が多い場合にはスピードが要求されます。そのため、日頃の対策として文章の読解力を高める必要があります。このように大学受験における英語対策は、基礎的な英語力を身に付けることはもちろん大事ですが、受験する大学の学部の試験問題の特徴を早い段階で把握しておいて、それに向けた対策を立てることです。そのためには過去問の分析が重要となります。出題形式やどういう構成の問題が出題されるかを知ることができます。個人でそれを学習することもひとつの方法ですが、大学受験を専門とする予備校に通うと受験の時期が近づくと大学別の対策講座が開講します。そのような対策講座を受講することで、効率的に傾向を知ることができ、対策を立てることができます。また、最近ではリスニング試験が導入される学部、学校もあります。リスニング試験については耳でしっかりと聞くことが何よりも対策になるので日頃から英語に触れておくことが大事なこととなります。

動物病院

合格の確率を高めるために

獣医学部のある大学は多くはなく、その分倍率は高めとなっています。そして合格者の多くが、専門の予備校で、より長時間学習した浪人生です。予備校では、受験科目および大学ごとの出題傾向に的をしぼった学習ができるからです。そのため獣医学部への合格の可能性を高めるために、多くの人が予備校に通っています。

大学生

工学部系の大学ならココ

理系の学生に人気がある湘南工科大学は神奈川県にある単科大学です。湘南工科大学は、講義での質の良さ、施設の充実、熱心な就職支援など様々な点において魅力があります。また、システムやメディアなどの学習が幅広く行え、就職を決める時に役立ちます。

作文用紙

大学の推薦入試

大学入試は一般入試と推薦入試がありますが、推薦入試は学科科目と併せて面接、書類選考、小論文の科目が追加されます。小論文はテーマもその都度変わってきますから、どのようなテーマが出題されても対応できるように繰り返し書いて添削して貰うように対策を立てておくことが大事です。